後遺障害認定

交通事故で特に難しい部分が後遺障害認定です。後遺障害が残ってしまった場合には後遺障害があることを公的に認定してもらう必要があります。
認定がなされると全体的な賠償の金額は大きく変動します。後遺障害に認定されることはそれだけ得る賠償金が非常に多くなると言っていいでしょう。ですから後遺障害が残ってしまった方は必ず認定されるように行動しなければなりません。

まず後遺障害の認定手続きですが、一般的に通院や入院をして6ヶ月経過し、医師が症状固定を告げた段階で手続きを行うことができます。
手続きの際には後遺障害診断書を作成しますが、認定作業時に大きな影響を与えるものの1つなので慎重に作成しなければなりません。この診断書は医師が作成しますが、被害者の自覚症状を書く欄があるので、その部分は被害者がきちんと全ての自覚症状を医師に告げて書いていただく必要があります。

また診断書に書ききれない内容に関しては、別紙に自分が作成をしたものを添付しても構いません。
後遺障害診断書は最終的に自分が見て納得するまで提出をしてはいけません。書き足りない部分があれば、医師にその旨を伝えて記入をしていただくようにお願いすることが大切です。

1 2 3 4