慰謝料

交通事故で最大の関門が慰謝料の算定です。自分の手元に入ってくる賠償金ですが、自分の行動次第で随分と変動があります。
慰謝料の算定ではまず保険会社との話し合いをして決めていきますが、一般的に保険会社の提示する金額は低額になるものです。ですから示談をした際にすぐに納得するのは間違いだと言えます。
何度か話し合いをしていくと金額も変動をします。あまり示談に時間をかけたくない方は話し合いで慰謝料の金額を決定すればいいですが、時間をかけてでも納得できる金額を得たいという方はその次の方法に移行しなければなりません。

交通事故紛争処理センターでは弁護士が間に入って示談の斡旋を行っています。
ここでの示談では裁判基準をベースにしています。そのため裁判を行った場合に得られる慰謝料に近い金額を得ることができます。そのため保険会社との話し合いで決まった慰謝料と比較すると随分違う場合があります。

ただ交通事故紛争処理センターに行くと時間がかかるのが最大のデメリットです。また利用するためには必要な書類を自分で用意しなければなりません。
自分で動いて主張をする必要があるので、多少面倒に感じてしまうかもしれません。しかしその分満足できる結果は得られます。

1 2 3 4