過失割合

交通事故で最初に争いになるのが過失割合です。これは事故当事者同士でどちらがどの程度過失があるのか数値で表したものです。
数字が大きいほど過失があるとみなされます。この数字は保険会社間で基本的な部分については決まっています。
色んな交通事故のケースに対する基本の過失割合が既に出来上がっていますが、これに修正要素を加えて最終的な数字を決定します。修正要素とはスピードをオーバーしていたとか注意不足などのことで、このようなことがあると少し過失が大きくなります。

過失割合はお互いの保険会社が状況からある程度判断をして数字を出していきますが、これに納得しない方が非常に多くいます。事故の状況にしては自分の過失が思った以上に大きいと思うからでしょう。
また相手が嘘をついている場合にはまた揉める原因となります。思った以上に過失が大きく感じるという点では仕方がない部分もあります。事故の処理を迅速にしなければならないため、あらかじめ決まった過失割合を適用するのは保険会社としては通常のことです。
しかし修正を行うようにするのは自分自身の主張が影響します。また正しい過失割合を出すように、自分が主張すべきことはきちんと行わなければなりません。

また過失割合にどうしても納得できない場合には裁判ではっきりさせることもできます。さらに最近では過失割合をはっきりさせるために、ドライブレコーダーを搭載している車もあります。交通事故で相手にうそを言わせないための方法としてお勧めします。

1 2 3 4